スリリングな展開が魅力的

旅行鞄

最後まで楽しめるレースに

世界的にF1グランプリの開催国が減っていく中、モータスポーツ人気の高い欧米でも開催国が減少しています。そんな中でも開催を続けているグランプリの一つがベルギーグランプリです。ベルギーグランプリはF1グランプリの中でも初開催が1925年とかなり歴史があることで知られているグランプリとなっています。各F1グランプリには特徴がありますが、ベルギーグランプリはその難易度の高さで知られています。その難易度の高さは高速コーナーの多さが深く関係しています。F1観戦の醍醐味と言えばそのスピードにありますが、全てのF1グランプリのコースが常に高速で走行するというわけではありません。日本で行われる鈴鹿グランプリは低速のコーナーから高速のコーナーまで用意されているという特徴がありますが、ベルギーグランプリは高速コーナーが大きな特徴となっているためにレース展開もスリリングになりやすいという特徴があります。また、ベルギーグランプリが行われるスパ・フランコルシャン・サーキットの特徴の一つとしてスパ・ウェザーがあります。高速コーナーが多いというだけでもスリリングな展開になりやすいのですが、それに加えてとても変わりやすいスパ・ウェザーと呼ばれる天候によってレースの状況も著しく変化しやすくなっているのです。そのため、迫力のあるスピード感たっぷりのレースを最後までどうなるかわからないまま楽しむことが出来るようになっています。