レース会場

簡単に申し込みができる

F1観戦をベルギーでしたいという人に人気があり、よく利用されているのが旅行会社が提供しているF1観戦ツアーです。一人だと非常にややこしい様々なチケットも旅行会社を利用する事ですぐに取る事ができるのが嬉しいです。

F1

攻略が難しいコースです

ベルギーで行われるF1レース会場は、山間に作られたサーキットで攻略が難しいサーキットであることが特徴です。また天候が変わりやすく路面状況が変わりやすいです。そのためチーム全体の総合力が問われるサーキットであると云う特徴もあります。

フォーミュラカー

世界屈指のコーナーを観戦

世界で最も度胸が試されるコーナーであるオールージュがあるのが、F1ベルギーGPが開催されるスパ・フランコルシャン・サーキットです。日本からも観戦チケットを購入でき、大迫力のレースを楽しめます。移動手段を事前に確保することで、ホテルからサーキットまでスムーズに移動できます。

旅行鞄

スリリングな展開が魅力的

数あるF1グランプリの中でも歴史あるベルギーグランプリは高速コーナーが大きな特徴となっており、スリリングな展開が多くなっています。また、スパ・ウェザーと呼ばれる変化しやすい天候によって最後までレース展開が読めないというのも大きな魅力となっています。

フラッグ

ツアーを選択しよう

ベルギーでF1観戦をしたいのなら、F1観戦ツアーに参加しましょう。その方が費用も安く、プランも充実しているのでとても楽です。費用は旅行代金と観戦代金ということになります。宿泊先も会場近くとなることが多いので、この点も便利です。

劇的なドラマを生で観戦

フラッグ

天候の変化に備えよう

全てのF1ドライバーが好きなサーキットとして挙げるのが、ベルギーGPが開催されるスパ・フランコルシャン・サーキットです。世界屈指のコーナーであるオールージュは、アクセル全開の300キロオーバーで高低差約80メートルを駆け上ります。また、アクセル全開率は80%にも達し、超高速バトルを楽しめるのもベルギーGPならではの特徴です。日本から出発するツアーの募集が開始されており、世界を代表するサーキットでF1の迫力を楽しまれてはいかがでしょうか。F1ベルギーGPを現地で観戦する場合には、2つ注意点があります。1つは天候、もう1つは移動手段の確保です。スパ・フランコルシャン・サーキットは、天候が目まぐるしく変わりやすい山岳地帯にあります。8月開催であるため天気が良いと気温は30度近くまで上がりますが、雨が降ると15度ほどまで下がります。雨具の用意はもちろんのこと、秋服や冬服も持参するようにしましょう。また、観戦客の宿泊地は、首都ブリュッセルが一般的です。ブリュッセルからスパ・フランコルシャン・サーキットまでは、高速道路を利用し片道2時間ほどかかります。移動手段を確保しているツアーに参加することで、時間に余裕を持ってF1を観戦できます。近年では、オランダやドイツからも観戦客が集まります。観戦チケットの早期完売が予想されるため、早め早めに予約を申し込むことも重要です。毎年劇的なドラマが展開されるベルギーGP。ツアーに参加し、繰り広げられるドラマを生で観戦しましょう。ツアーは、anaなどの航空会社や旅行会社が数多く提供しています。そのため、参加する際には事前に申し込んでおくと良いでしょう。また、ツアーに参加せず個人でベルギーへ行きたいという場合は、飛行機の手配などもあるため、シーズンなどに合わせて予約しておくのがおすすめです。