悩む必要なし|レーザー治療でニキビ跡は消せる!

ウーマン

汗が止まらない病気

ただ汗が多いだけでは多汗症とは言いません。交感神経の乱れで起こされる異常な発汗のことを多汗症といいます。現在では多汗症の治療法がいくつかあります。発汗の多い場所にもよりますが保険適用で治療を受けることも可能ですので、まずは病院で相談するようにしましょう。

もっと読む

綺麗になるための美容整形

美容整形の施設がたくさんある東京で美容外科を受診するなら、専門サイトを利用すると効率良く探せます。世界トップクラスの医療技術と経験豊富な医師もたくさんいるため、東京は安心して治療が受けられる場所です。

もっと読む

気に入らなくても大丈夫

ボトックス注射は、非常に優れた効果があると考えられています。表情筋に働きかけてしわを解消するという効果が期待されていますが、数ヶ月でもとの状態に戻ります。しかし継続して注射を行うことで、効果を持続させることができます。

もっと読む

最適な治療機器で改善

ウーマンの顔

問題となるクレーター

ニキビの炎症をそのままにしておくとニキビ跡が残って悩むことになってしまいます。ニキビ跡には人によりいくつかのパターンがありますが、中でも女性にとって悩みの深いのがクレーター状のニキビ跡です。同じニキビ跡といっても単に赤みが残ってしまっただけのような場合であれば、光治療器を用いて特殊な光を照射し、色素沈着を少しずつ改善していくことができます。時間は多少かかりますがしだいに赤みが目立たなくなり、ニキビ跡があったとはわからなくなります。しかしクレーター状のニキビ跡の場合はより専門的な治療が必要となります。治療方法を誤るとクレーターがいつまでも残ってしまうようなことになりかねないのできちんとしたクリニックで治療してもらうことが大切です。

コラーゲンの生成を促す

美容クリニックではクレーターとなったニキビ跡を治療するのにレーザーを使用します。このとき適切なレーザー機器を選んで使用することが、ニキビ跡を治してきれいな肌を取り戻すために重要なポイントとなります。というのもレーザー機器にはさまざまなタイプのものがあるためです。クレーター状のニキビ跡に対しては、CO2フラクショナルレーザーが適しているといわれています。CO2フラクショナルレーザーは、レーザー機器の中でも傷跡を目立たなくする治療や大きく開いて目立つ毛穴を治療するのに使われるレーザーです。CO2フラクショナルレーザーを使うと肌の真皮層というところにあるコラーゲンの生成を促すことができるので、ニキビ跡がダメージから回復していく助けとなります。